ナイトアイボーテを使っても二重にならない人ってどんなまぶた

ナイトアイボーテを使っても二重にならない人ってどんなまぶた

ナイトアイボーテはネットで人気の高い二重美容液です。
ところがナイトアイボーテでは二重にならない、といわれていることもあるようです。
真相はどうなのか、調べてみましたよ。

 

 

 

 

 

>まずナイトアイボーテってどういうもの?

 

まず、ナイトアイボーテはどういうものか、もう一度確認しておきましょう。
夜寝る前に塗って二重にクセ付け、そのまま就寝、そして朝には落とす、この流れです。
寝ている間にクセ付けをするのはまばたきをほとんどしないのでクセ付きやすいためです。
使い方は二重のりであるアイプチと変わりませんが、
二重美容液といわれているだけあって配合されている美容成分はリッチです。

 

 

20種類の天然植物成分由来の美容成分が、しっかりとまぶたをケアしつつ二重にもっていきます。
その中でも5大美容成分は敏感肌やトラブル肌用のコスメによく入っているものです。
少し紹介してみましょう。

 

 

敏感肌にお馴染みのアルテア根エキス。これは保湿や刺激の緩和はもちろん、
肌を柔らかくして二重のクセが付きやすくしてくれます。
トラブル肌といえばアルニカ花エキス。消炎、鎮静、血行促進、保湿もお任せです。
サクラ葉エキスもわすれてはなりません。抗アレルギー作用があって、かゆみや炎症を抑えます。
引き締め効果に加え、キメを整えハリのある肌にしてくれるフユボダイジュエキス。
むくみがちだったり、ふっくらまぶたもすっきりしてきます。
こんなふうにたくさんの美容成分がまぶたに優しく、でもしっかりと二重に導いてくれるんです。

 

 

 

 

 

>なぜナイトアイボーテで二重にならない?

 

では、なぜ二重にならない人がいるのでしょうか?
たくさんのケースがありますが、まず第一に、無理な二重幅の場合です。
まぶたの構造上、どうしても無理な二重幅にしているときがあるんですね。
自然でくっきりとした二重になることは可能だとしても、
女優さんたちのように整形手術で切開したような二重は難しいようです。

 

 

第二に、朝起きたらとれてしまっている~!という場合があります。
接着力は弱くなく、むしろ強いほうといえますが、
無意識にこすってしまっていたりなんてことも。
また、二重幅の見直しでとれなくなった、ということもあるので試してみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

>必見!口コミから絶対参考にしたい情報!

 

多くの人に支持されている、人気がある、そんなナイトアイボーテでも、
どうしても合わない人もいるでしょう。
でも、世の中にあふれる二重コスメをジプシーして、
やっぱりナイトアイボーテに戻ってきた、という方も多いです。

 

 

今回、二重にならない、という口コミから、さらに参考になりそうな情報をまとめてみました。
二重にならない、というものはあっても、
まぶたが赤くなった、はれたなどの肌トラブルに関する口コミは、
ほとんどといっていいほどみつかりませんでした。
むしろ、他のものをつかってトラブルになったのに、ナイトアイボーテなら大丈夫、という口コミがあふれています。

 

 

長くお付き合いすることになるかもしれない、二重コスメです。
ナイトアイボーテなら安心して続けられるかもしれませんね。
夜使って二重にならない人が昼にアイプチ代わりに使っている人もいます。

 

 

本来は本物二重にしてしまって、ナイトアイボーテさえも必要なくなることが目標です。
メーカー推奨の使い方ではなく、望むところではないのですが、
乾いても白くならない、汗に強いなど、昼に使っても意外と使い心地はいいようで、
まぶたに優しいアイプチとしてこういう使い方もあるよ、って紹介してみました。
早く本物二重になりたいものですね。